楽天PC版販売説明文の長めのページを、丸ごとスマホ商品ページに掲載する方法はありませんか?(16/06/29)

スマホの商品説明を掲載する時に便利なのが、フリーソフトの「キャプラ」です。
商品説明で使用する画像を作成する場合、スマホでは画像が3枚しか掲載できないため、商品ページが縦長の場合、一画面ごとのスクリーンショットを撮って一つ一つ画像を繋げるは面倒な作業が必要です。
そんなときにこのソフトを使うと、自動スクロールしつつ全画面のキャプチャを撮影してくれます。
あとはキャプチャされた画像を3分割にして、キャビネットもしくはGOLDに画像を登録、「スマートフォン用商品説明文」へHTMLタグを入れるだけでスマホ商品ページの完成です。
「キャプラ」ダウンロード http://capwrite.softonic.jp/

スマートフォンでの商品ページ作りで今後気を付けていくべきことはありますか?(16/03/29)

近年のスマートフォンの進化を考えると、今まで通りスマホページは簡潔にまとめるべきといった考え方はしない方がいいでしょう。
なるべく商品の魅力が伝わる様にたくさんのコンテンツを記載していくことが、今後は重要になって行きます。楽天では画像の枚数が制限されていますので、楽天Goldを取り入れて、PCページと同じように画像を載せてあげることで、より魅力を伝えるページ作りを心掛けていきましょう。

楽天市場でよくある「長い商品ページ」を作りたいのですが、どのようにすれば効果的なページになりますか?(15/03/13)

楽天市場でよく見られる「長いページ」は、単に長いだけでは逆に転換率を下げてしまいます。
先ずはページ上部でしっかりと興味を惹き付けることが重要ですので、最初の要素は「強烈なインパクトのある内容」にするくらいの意識で作り込んだほうがいいです。
ページの流れとしては、上から順に(1)キャッチ+イメージ画像 (2)ランキング受賞履歴などの客観的評価 (3)お客様の声・レビュー (4)人気のヒミツ(商品詳細) (5)裏付け(例:当社は老舗メーカーです、など) (6)キャッチ+イメージ画像のリピート、購入者への特典訴求。といった流れで構成することを心がけてください。