楽天ペイでの受注管理を始めたのですが、予約販売商品はどのように扱えばいいでしょうか?
以前までのように、受注ステータスで「予約注文」などの項目を任意で作成することは可能でしょうか?(18/08/16)

受注ステータスの作成については、「注文確認待ち」「発送待ち」「キャンセル確定待ち」「変更確定待ち」の4ステータスにそれぞれ最大10個までサブステータスという形で作成可能です。
「RMSメインメニュー > 2-1 受注・受付管理 > 新規受注一覧」内のオプション設定をクリックし、表示設定よりサブステータスの追加を行うことができます。
詳しくは下記ページを参考にしてみてください。

店舗運営ナビ「注文一覧表示件数・サブステータスを設定する」
https://mainmenu.rms.rakuten.co.jp/auth/index.phtml?params=navi3/order/p04_018.html&s=&param2=0

楽天ペイの場合、予約注文の場合は「発送待ち」ステータスに注文情報を保管しておくことになりますが、予約注文以外も「発送待ち」ステータスを経由します。
その際に管理ミスが起きないように、「発送待ち」ステータス内に「予約注文」などといったサブステータスを作成して、予約注文商品をそのサブステータスに紐づけて受注管理するといいでしょう。

wowmaで商品ページのURLを確認するとロットナンバーを利用したものになっているのですが、商品コードを利用したURLで商品ページを開くことはできないのでしょうか?(18/07/04)

商品ページURLは「/item/ロットナンバー」、または「/u/会員番号/c/商品コード」のどちらかを使うことができます。
前者のほうは最後にスラッシュが入っていても問題ないですが、後者はコードの最後にスラッシュがあると商品ページにリンクされないので注意しましょう。

楽天で、商品をまとめてカートに入れてくれる機能「商品の組み合わせ機能」がリリースされたので、まとめ買いを促すためにも利用しようと思っていますが、注意する点があれば教えて下さい。(18/07/04)

まとめ買いに効果的ですが、注意点としては配送日が違う商品を組み合わせるとお届け日が異なるので、まとめて商品が届くと思っているお客様から「商品が1点届いていない」といった誤解を招きクレームが起こる可能性があるので気を付けましょう。
また、項目選択肢が設定されている商品は子商品として設定できないことや、医薬品、酒類などの商品は「組み合わせ販売設定」を利用することができないので、事前に仕様をチェックしておきましょう。

楽天のお買い物かごのリンクURLの設置で、「http://www.rakuten.co.jp/cgi-bin/RRS?MIval=basket&shop_bid=(店舗ID)」と、「https://basket.step.rakuten.co.jp/rms/mall/bs/cartempty/」があるのですが、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか?(18/01/19)

お買い物かごリンク2つのうち、前者のものは昔使われていたリンクで、現在は後者のお買い物かごリンクに統一されています。
前者のものでも、後者のお買い物かごリンクにリダイレクトするので、現状はどちらのURLでも問題ないですが、なるべく後者のリンクに統一するほうが良いでしょう。
後者のリンクの最後が「cartempty」になっていると、カートに中身が入っていても、表示では空で表示され、ユーザーに誤解を与えてしまうので、「cart」だけを入れるようにしましょう。

楽天市場で、2017年9月21日に商品名のガイドラインが改定になりましたが、どのように対応すれば良いのでしょうか?(18/01/19)

楽天では、お客様が商品を探しやすいように、商品名やキャッチコピーに基準を設け、そのガイドラインが公開されました。
例えば、ファッションカテゴリーを例とした商品名は、以下のようになります。
「ブランド名_商品名称_対象性別_シーズン_仕様_色_サイズ」 のように、ユーザーが認識しやすく、その商品を特定する文言で構成するようにしましょう。

■ガイドラインより
・特殊文字、機種依存文字、「★」や「◇」などの意味を持たない文字の使用を控える。
・英数字、各記号は、半角で入力。
・各項目は、半角スペースで区切る。
・商品名の先頭に【 】(隅付き括弧)で囲んで【送料無料】や【ポイント10倍】などを入れる
・商品の販促文言(購買促進のために記載される商品内容以外の情報)や、検索ヒット用の関連キーワード(同じ意味を持った文言の表現違いや利用方法などの商品と関係がある文言)については、商品名に入力せず、キャッチコピー欄に入力する
・商品名称には、メーカー名・ブランド名など、その商品を特定することができる呼称使用すること
・商品の属性として含まれない要素の記載は不要。(例:ノーブランド製品や農作物のメーカー名・ブランド名など)
・商品名称以降の各要素は、商品名称に含まれている場合は省略可能。
・商品名称以降の各要素は、商品画像から誤解なく理解できる場合は省略可能。
・項目選択肢別在庫商品の場合、項目選択肢別在庫によって異なる要素については、記載しないか、「全8色」「黒/グレー/紺」「S-XL」といった表現を用いて記載すること。
・仕様については、その商品を差別化する特徴となる要素を必要に応じて記載すること。
・該当ジャンルで定義される基本体系が商品の性質に合わない場合は、他のジャンルで近しいものを参照。

楽天市場で、看板部分に画像やテキストで「営業時間」「電話番号」「取扱金融機関のロゴ」を表示してくださいと言われましたが、これは必須なのでしょうか?フッターにはちゃんと記載しているし、デザインがカッコ悪くなるので、できれば入れたくないのですが…。(18/01/19)

基本的には、現在ショップオープン時のレギュレーションで看板・フッターに必須で表示と定められていますので、PCもスマホも看板位置に出しておく必要があります。
デザイン的にカッコ悪くなるようなら、出来るだけ目立たない位置に小さめにまとめておくのが良いでしょう。例えば看板下に一本線を引いて、その下へ小さめのフォントで横一列に並べておくと、意外と目立たなくなります。

無料パスワード管理ソフトを利用していますが、セキュリティー面を考えて有料のものを検討しています。やはり有料のほうがセキュリティー面は良いのでしょうか? また、有料で構いませんのでパスワードを管理しやすいソフトを教えて頂けないでしょうか?(17/09/11)

無料のパスワード管理ソフトでもセキュリティ面はかなりの対策がされているので、有料のほうが必ずしもセキュリティ面が優れている訳ではありません。
セキュリティー面だけ気になるのであれば無料のソフトでも特に問題はないでしょう。
パスワードが管理しやすい有料のソフトでいえば、「1Password」がオススメです。
「1Password」はマスターパスワードと言われるものを1つ覚えていれば、それぞれのサービスに設定したログインIDやパスワードを覚える必要がなく、すべて呼び出すことができるので大変便利なソフトになります。

「1Password」 https://1password.com/

バーチャルオフィスを借りようと思っております。バーチャルオフィスを借りる際に注意すべき点を教えていただけないでしょうか?(17/09/11)

バーチャルオフィスを借りる際に注意すべき点としては、近年、犯罪に使われるなど悪用されたこともあり、「法人銀行口座の開設が困難」、「社会保険や雇用保険の申請が困難」、「創業融資を受けにくい」といった事が挙げられます。
バーチャルオフィスの運営会社によっては、そういった面をサポートしてくれるところもある様ですが、それでも無理な場合がありますので注意しておいた方が良いでしょう。
またその他には、住所を検索されると他の会社が出てきて、バーチャルオフィスを使っている事が分かってしまう為、対企業相手にビジネスをする場合には、利用することは難しいです。

ネットショップを運営しているのですが、会計の管理に使いやすいフリーソフトは何かありませんでしょうか?(17/08/03)

「フリーウェイ経理Lite」http://freeway-keiri.com/ をオススメします。
会計ソフトは有料のものが多く、フリーソフトはそれに及ばないこともありますが、このフリーソフトは、損益三期比較表、決算報告書などの様々な帳票の出力ができ、エクセルや手書き帳簿を利用している場合に比べ、業務効率化が期待できます。
マニュアル、動画での解説も用意されているので、使い方も分かりやすくおすすめです。

「BASE」という無料のECショップ作成サービスで、簡単に綺麗なデザインのショップが無料でできるとのことなので出店してみたいのですが、売上アップにはどんな施策が必要でしょうか?(17/07/13)

「BASE」は無料で利用できますが、テンプレートには有料のものと無料のものがあります。
無料テンプレートはシンプルなものが多いので、売上を上げたいのであれば有料の多くのデザインテンプレートを利用する事も検討しましょう。
また、モール型のショッピングサイトと比べ自社サイト型の「BASE」の場合は、導線が少ないため集客がどうしても難しくなります。
そこでオススメなのがBASEと連携しているブログサービス「アメーバオウンド」https://www.amebaownd.com/ です。
アメーバオウンドで連携してBASEを利用すると、BASEよりもGoogle検索に掛かりやすいので、集客効果が高いといわれています。
アメーバオウンドでブログをマメに更新して行くことで売上げアップを目指しましょう。

ある特定の注文者から、受取拒否や住所不明などのいたずら注文を繰り返しされて困っています。何か良い対策はないでしょうか?(17/06/16)

ECモールを利用していている場合は、モールの担当者にいたずら注文があった事を伝えましょう。
いたずら注文をした注文者をブラックリストに登録してもらえるため、次回からその注文者のいたずら注文を防ぐ事ができます。

また、いたずら注文の中には、届け先の方が頼んでいないのに一方的に商品を送りつける「なりすまし注文」といったものもあります。こうした場合はブラックリスト登録だけでは対応が難しいため、店舗ページのどこか目立つ所に、なりすまし注文は「偽計業務妨害罪」にあたり犯罪として処罰される事を記載して、少しでもそういった行為を抑止できるような対策が必要になります。

それでもなりすまし注文があった場合は、被害にあったお客様やモール担当者に協力してもらい警察に動いてもらうように伝えましょう。

Amazonで自社商品を販売したいのですが、各商品にJANコードが必要だと云われました。どうしたらJANコードが取得できるのでしょうか?(17/06/07)

まず「一般財団法人 流通システム開発センター」のHPにて事業者登録を行ってください。
http://www.dsri.jp/jan/jan_apply.html
事業者登録を行ったら、登録申請料を支払います。業態・年商規模によって申請料は変わりますのでご確認ください。
事業者登録は申請料の振込から約7日間程かかります。申請に不備が無ければ「GS1事業者コード登録通知書」が送付されます。
その後、JANコードの申請が可能になりますので、各商品のJANコード申請を行いましょう。
詳細は下記をご参考ください。
http://www.technoveins.co.jp/technical/explain/howtogetjancode.htm