楽天のメルマガ制作時に、表示の最適化や作業効率を考えて、買い物カゴ横のサムネイル画像のソースを利用して作業をしていましたが、「https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/店舗ID/cabinet/image/test.jpg?_ex=200×200」のようなURLから、「https://tshop.r10s.jp/店舗ID/cabinet/image/test.jpg?downsize=300:*」に変わっていて、後者の画像URLでメルマガ登録すると外部リンクとして扱われてしまい登録できません。何か良い対策はないでしょうか?(18/06/08)

楽天の仕様が変更されたようです。2018年4月26日現在ではメルマガや、サムネイル画像登録のフォームでも使えるようになっておりました。ただ、画像のパスが変わると、今まで効いていたjsが突然使えなくなったり、画像が表示されなくなったりする可能性があるので、以前の画像パスを使っている所がある場合は、
新しい画像パスへの変更にした方が良いかもしれません。

楽天はスマホアプリで購入するとポイントアップするキャンペーンを開催しているので、アプリ向けの対策を考えたいのですが、何かしておいたほうがいいことはありますか?(18/06/08)

楽天アプリで検索から商品ページを見た場合は、通常のブラウザとは違った仕様になっています。
まず、商品ページの画像が拡大出来ないため、なるべく見やすい画像になるように心掛けましょう。
また、検索から商品ページを見た場合、商品ページの共通説明文や共通バナーが表示されないため、スマホの商品ページ説明文内にもなるべく多くの買い回りを設置するように心掛けましょう。

楽天のショップの検索窓内に「店内から探す」のような文字が入っているお店がありました。どのようにすれば出来るのでしょうか?(18/06/08)

検索フォームに初期値を設定するには、inputタグ内に「placeholder=”○○”」と記載することで出来るようになります。
ただし、Internet Explorerでは表示されないバージョンもあるので注意が必要です。
Internet Explorerでも使えるようにするには、「ah-placeholder.js」をダウンロードして読み込むようにして下さい。
RMSではjsは読み込めないので、iframeを利用してフォームを表示させてください。

wowmaでは楽天やyahooのようなカテゴリーページが作れないようですが、似たような形で特定のジャンルへの商品一覧リンクを作りたい場合ははどのように設定すればいいでしょうか?(18/06/08)

wowmaには店舗内カテゴリーが用意されていないのですが、「新特集ページ」という機能があります。
「新特集ページ」では直感的にページ作成できるようになっているので、htmlがあまり詳しくない方でも簡単にページを作ることができます。
ただし、登録できるページ数や容量が限られており、ページ数を追加するには別途料金がかかるため、たくさんのページを作るにはあまりお勧めできません。
たくさんのカテゴリーが必要な場合は、楽天やyahooのようなカテゴリーとは違いますが、検索結果リンクを利用すると、特定のジャンルの商品一覧を表示することができるのでおすすめです。

楽天のスマホの商品ページのお買い物カゴ周りに、注意書き文言を入れる事は出来ないのでしょうか?(18/06/08)

価格表示の上に文言を入れる場合だと、スマートフォン用商品説明文末尾に文言を入れる事で簡単に表示させることができます。
個数選択の上に表示させたい場合は、楽天Gold上のcssを利用する裏技的な方法で表示させることができます。

楽天Gold上のcssは、下記方法で読み込んで行ってください。

<link =”” rel=”stylesheet” href=”https://www.rakuten.ne.jp/gold/ショップID/任意のファイル場所.css”>

設置するcss内には、下記を記載してください。
#itemCart .blockWrap::before {
display: block;
box-sizing: border-box;
content: “仮テキストが入ります。仮テキストが入ります。仮テキストが入ります。仮テキストが入ります。仮テキストが入ります。”;
background-color: #ffffff;
width: 100%;
height: auto;
border: solid 1px #333333;
margin: 0 0 10px;
padding: 10px;
color: #333333;
font-size: 12px;
}

フォントの大きさや色は自由に変更できますのでお気に入りのサイズ、カラーで利用してください。

注文を頂いておりましたが、商品が欠品してしまい発送できなくなりました。
次回入荷までの間に、お客様に出来るだけキャンセルされないようにするにはどのような施策をすれば良いでしょうか?(18/06/08)

お詫びのご連絡と合わせて、価格を下げたり、ノベルティを付けることをお伝えすると良いでしょう。
急ぎのお客様がいて類似商品がある場合は、自店舗内の他の商品を価格を割引して交渉してみましょう。
何もせずにいると、どうしても他店舗に流れてしまうので、特別感を演出して対応するのが一番の施策になります。

yahooの商品登録の際に、[Y!ショッピング検索対象]となっているものはyahoo!ショッピング内の検索順位に影響があるそうですが、その他の「Meta description」や商品説明は影響しないものなのでしょうか?(18/06/08)

「Meta description」や商品説明は、yahoo!ショッピング内の検索順位には影響しませんが、Googleなどの検索エンジンには影響をあたえます。
それらからの検索流入につながるので、[Y!ショッピング検索対象]以外もしっかりとワードを入力しておくことをお勧めします。

楽天の購入手続きの「注文確認」の画面で、画面最上部に「ショップからの重要なお知らせ」という項目を表示させて、送料や、メール便についての注意書きなど詳しく記載している店舗がありました。
どのようにすれば表示させる事が出来るのでしょうか?(18/06/08)

RMS内の基本情報設定の中に「長期休暇の告知(Web)」という項目があります。
これを利用することで、表示させることができます。
各種ご案内として使うことができるので使ってみてください。

楽天の店舗カルテで参照元を見ていると「その他楽天流入アクセス数」とありますが、こちらは具体的にどこからのアクセスのことを言っているのでしょうか?(18/06/08)

楽天ツールバーや、楽天ブログ、楽天ビジネスなど楽天が運営しているサービスからのアクセス、または楽天会員向けのTOPページからのアクセスが「その他楽天流入アクセス数」にカウントされます。

Yahoo!ストアクリエイターPROで「FTP設定」という項目があり、「商品データや注文実績データ等の大容量のファイルをアップロードする際に使用します。」と書かれていますが、何の商品データや、注文実績データなのか良く分からないので教えてください。(18/04/13)

「FTP設定」は、「ストアデザイン」でCSVを使った商品登録、カテゴリー登録などの更新を行う時に使用するデータと内容は同じです
また、在庫連動システムなどを利用していて、FTPを利用したデータのやり取りをする際に「FTP設定」を利用することもあります。

楽天のCPC広告が2018年4月に新しくなるようですが、こちらは以前のものと同じ運用方法で問題ないのでしょうか?なにか気を付けておいたほうがいいことなどあればお教えいただけますでしょうか?(18/04/13)

楽天では2018年の4月から新しいCPC広告、楽天プロモーションプラットフォーム(RPP)が始まります。
既存のCPC広告は2018年の6月末に終了となりますので、利用している場合はそれまでに別案への変更を考えておくようにしましょう。
RPPは既存のCPCに比べ、掲載商品の指定やキーワード登録などの詳細な設定ができなくなるため、それらを細かく設定していた店舗の場合はかなり運用方法が変わってしまいます。
また、商品数の多い店舗ではRPPが全商品対象の広告となったために、知らない間に意図しない商品へのクリックが増えてしまい、予想より費用が掛かってしまうことも考えられるため注意が必要です。
全商品対象となったことに伴い、除外商品の設定が追加されているので、元々上位表示されている商品や、CPCに表示させたくない商品はこちらに登録するようにしましょう。
ただし、除外商品は100商品までしか登録できないため、商品数の多い店舗は優先順位を考えてプライオリティの高い商品から順に登録していくようにしましょう。
色々な変更点がありますが、楽天のCPC表示位置に掲載されることは集客にとってとても効果的で、価格も1クリック25円~と従来よりかなり安くなりましたので、新しい仕様に合わせていきつつ上手に活用していくことをお勧めします。

ヤフーショッピングでレビュー投稿を促進するにあたり、投稿への特典に制限があり、思うように集められません。何かいい方法はないですか?(18/04/13)

商品発送後に「商品到着の確認」メールを送ってはどうですか?
無事、商品が届いたかどうかを確認するためのメールですが、「届いている場合は下記からご一報頂けると幸いです」として、URLを記載し、そのリンク先をレビューの投稿ページにしておく、というものです。
お客様にとったら、丁寧な店舗と思われるので、特段イヤな思いもされないのではないでしょうか。