Yahooの商品名を付ける際に、SEO対策としてどのような事に気を付けるといいでしょうか?(17/03/13)

Yahooでは楽天でよく見られる【】☆♪などの記号を使用すると、表示順位のペナルティがかかりますので、入れないように気を付け手下さい。
また、yahooでは「売れている順」「キーワードの適合順」といった検索の際の表示順を選択することができるので、それらを利用して「売れている順」では下位なのに、「おすすめ順」や「キーワードの適合順」では上位に来る商品に注目してみましょう。
それらの商品は検索キーワードに対して上位表示されやすい商品という事ですので、それらの商品名の付け方や法則を調べて真似してみる事で、より検索の際に上位に表示する事ができるようになるでしょう。

Yahooショッピング内で、どうやったら検索に引っかかるのか判らないのですが…。(17/03/07)

無料で出来るSEO対策としては、Yahooショッピングで検索される基本項目をきっちり入力しておくことが重要です。
まずは、
・商品名
・商品コード
・キャッチコピー
・商品情報
・製品コード
・JANコード
・ISBNコード
この7つを、正確で伝わりやすいキャッチコピーや関連語句を使って作成してください。

特に重要なのは、商品名です。Yahooショッピング内だけではなく外部からの検索にも引っかかりやすくなります。
Yahooショッピングでは、禁止文字(記号:【】[]!!★☆◆≪≫■<> ♪など)を入れると、減点対象とされてしまいます。
商品名の文字数も重要で、平均的に全角30文字程度が良いとされています。
商品名の並べ方は、できれば法則を作って一般語句から順番に並べるのが良いでしょう。
一番最初の語句が一番重要で、右に行くほど検索結果に引っかかりにくくなります。

例)
メーカー名[ブランド名]/商品名/一般名称[ジーンズ、リップグロスなど]/関連語句[日本製/サイズ/カラーなど]/品番・JANコードなど

といった感じです。あくまでも一例ですが、うまく編集して全角30文字以内になるよう考えてみてください。
また、商品登録の際、販売用情報 のタブ > プロダクトカテゴリコードを入力の情報を、選択肢から選んで登録してください。
できるだけ正確に分類されたカテゴリを登録すると、Yahooショッピング内のカテゴリ検索で適切に検索されるようになります。
プロダクトカテゴリコードの下にある、スペック、オプションも入力すると、商品管理も更にしやすくなります。

無料だったのでYahooに出店したのですが、なかなかアクセス数が伸びません。なにかいい方法はありますか?(17/02/28)

Yahooは現状ではモール自体のアクセス数が他のモールに比べて少なく、さらに無料ということで出店された店舗様がかなり増えた為に他店舗との競争も激しくなってしまい、どの店舗様もアクセス数の少なさには苦労している様です。
ただ、yahooは「アイテムマッチ広告」「ストアのイチオシ広告」という、楽天でいう「CPC広告」のような成果報酬型広告が「10円~」と楽天に比べても格段に安いので(楽天はPC50円~、モバイルが40円~)、そちらを利用してアクセス対策を図ってみてはいかがでしょうか?
他のモールで埋もれがちだった商品などは、Yahooの広告を利用すれば他モール以上の売り上げが期待できる場合もあります。

ヤフーショッピングストアでショップを運営しています。HTMLソースのコメントアウトタグを使って、ある部分を非表示にしたいのですが出来ません 。何か良い方法はありますか?(17/02/28)

コメントアウトタグを改行していませんか?ヤフーショッピングストアではコメントアウトソースを改行すると、テキストとして認識されます。改行をしないで1行で入力することで、 コメントアウトタグが認識されて非表示にすることが出来ます。

楽天とYahooから「常時SSL化」するので、対応してくださいと通達が来ました。どこをどう対応すればいいか、さっぱり判らないのですが。。。(17/02/13)

楽天で「楽天GOLD」、Yahoo!で「Yahoo!トリプル」を使用している場合は、FTPサーバ内のその全てのソース(html、cssなど)に記述された画像URLのみを「https://~~」へ変更する作業をショップ側で行う必要があります。
ショップでの対応手順ですが、モールから常時SSL化を申請してくださいとの連絡がありますので、先ず申請を行ってください。
モールから、常時SSL化が完了したとの連絡が来たら、ショップ側で「https」への変更作業を行ってください。
そのまま放っておくと、対象画像が表示されない画面になってしまいます。
「楽天GOLD」と「Yahoo!トリプル」を使用していない場合は、この対応は必要はありません。

Yahooの自店舗内検索で、商品一覧を表示させる方法はあるのでしょうか?(17/01/20)

自店舗内検索の検索窓に半角のカッコの間に半角を開けて「( )」リターンを押してください。
自店舗で扱っている全商品が表示されます。Yahooの場合、このページのURLを商品一覧のリンク先にすることが一般的です。

ヤフーショッピングストアを構築しているのですが、リンク画像に青色の枠が出て困っています。 これを回避したいのですが、どのようにすれば良いのでしょうか?(17/01/13)

画像にborderが標準で適用されているため出てきてしまいます。
解除する方法はイメージタグに【 border=”0″】を入れて下さい。
(例)<img src=”http://shopping.c.yimg.jp/lib/●●●/●●●.jpg” border=”0″>
このように記述することで回避することが出来ます。

ヤフーのTOPページをトリプルを使って制作したのですが、スマホ対応になりません。スマホ用ページを表示させる良い方法はないでしょうか?(17/01/13)

ヘッダータグ内に下記Javascriptを入れてください。
<script type=”text/javascript”>
<!–
var agent = navigator.userAgent;
if(agent.search(/iPhone/) != -1 || agent.search(/iPad/) != -1 || agent.search(/iPod/) != -1 || agent.search(/Android/) != -1){
if(confirm(‘スマホ対応サイトを表示しますか?’)){
location.href = “http://store.shopping.yahoo.co.jp/ショップID/”;
}
}
–>
</script>
この方法を使うと、スマホ用ページを表示させることが出来ます。
「ショップID」のところは、ご自身のショップIDをいれていただき、試してみて下さい。

Yahooのストアマッチ広告に「アイテムマッチ」と「ストアのイチオシ」という2つのラインアップがありますが、違いは何ですか?(16/07/27)

「アイテムマッチ」と「ストアのイチオシ」の2つのCPC広告とスマートフォンテキスト広告を総称してストアマッチ広告といいます。
この2つは細かくみると色々と違いがあるのですが、大きな違いは掲載位置です。「アイテムマッチ」が検索結果の上部5枠に表示。
「ストアのイチオシ」が検索結果の下部5枠やカテゴリページ、季節系特集ページ下部に表示されます。
掲載位置からわかる通り、アイテムマッチの方が誘導がしやすいため、これから利用される店舗は、まずはアイテムマッチから始められてはどうでしょうか。

YahooショッピングのPRオプションとは何でしょうか?(16/07/27)

2015年4月から始まった、Yahooショッピングの検索順位に影響を与える広告です。
出店者が商品別または全商品に対して1~15%のポイント料率を設定し、この料率が高いほど検索された際に上位表示されやすくなる広告です。
CPC広告と違い、商品が売れてから広告費が発生しますので、アクセスだけ増えて商品が売れない場合、広告費はかかりません。
このPRオプションは、全店舗で使えるサービスにはなっておらず、売り上げの規模が100万円以下の場合だと使えないケースが多いようです。こちらの申し込みに関しては、Yahoo担当者に相談してください。

YahooショッピングのSEO対策の中で、商品名の入力方法が重要と聞きますが、入力する際の注意点を教えて下さい。(16/06/24)

SEO対策を考えた、商品名入力の際の注意点は、下記4項目になります。
1、商品の商品名は、前に入れて下さい。
2、2単語以上で検索された時のことを考えて、関連単語は近づける。
(例:メーカー名と商品名は、セットで並べる)
3、商品名の文字数は30文字ぐらいでまとめる。
4、修飾文字を使用しない。(例:【】[]!!★☆◆)
商品名入力の重要度もこの順番になります。