楽天ではスーパーSALEは英語込みの表記が正式名となっていますが、検索のサジェストワードでは「スーパーセール」の文字が多くならんでいます。イベント用の割引商品にワードを記載したいのですが、どちらを使えばいいでしょうか?(18/07/23)

検索対策のワードの場合は、正式名よりもどちらが多く検索されているかを意識するといいでしょう。
楽天で検索フォームに「スーパー」と記載すると、スーパーSALE時には「スーパーSALE」よりも「スーパーセール」の方が上に表示され、関連ワードも多く見られます。
楽天のサジェストワードは、より多く検索されているワードが上に表示される傾向があるため、「スーパーセール」のほうがたくさん検索されていると判断できるので、こちらをメインで記載するといいでしょう。
ただし、「スーパーセール」だけだと「スーパーSALE」のワードでの検索には対応できないため、「スーパーSALE」のワードもどこかに記載することをお勧めします。
商品名に続けて書いても問題はないのですが、続けて書きたいワードがあったり、見栄えが気になる場合はキャッチコピーや商品説明欄を活用して記載するのもおすすめです。

楽天スマホの会社概要のページで、楽天TOPへのリンク先はあるのですが、店舗TOPページへのリンク先が用意されていないので、店内を見に行く事が出来ません。店舗TOPページのリンク先を設置したいのですが、方法はあるのでしょうか?(18/07/23)

会社概要ページを編集して、店舗TOPへのリンクを設置するといいでしょう。
会社概要ページはRMSの「基本情報設定 > 会社概要ページ」で編集することができます。
楽天の会社概要ページは、PCとスマホで共通のものが表示されるので、リンクを設置するとPCにもTOPへのリンクが表示されます。
スマホのみに表示したい場合は、cssのメディアクエリを使ってスマホのみに表示できるようにするといいでしょう。
下記コードを参考にして行ってみてください

<style>
@media screen and (min-width:768px){
a.toplink{
display: none;
}
}
</style>

<a href=”https://www.rakuten.co.jp/ショップID/” class=”toplink”>
TOPページはこちら</a>

楽天市場からYahoo!ショッピングストアへ移行作業を考えています。管理しやすくするためにも、カテゴリーページのURLを楽天とYahoo!で共通のものにしたいのですが、方法はあるのでしょうか?(18/07/04)

Yahoo!ショッピングストアでは、カテゴリーページのURLはカテゴリーページの新規作成時に設定したカテゴリー名を基に生成されます。
日本語で設定した場合はEUCの2バイトコードに変換されてしまいますが、アルファベットと数字の場合はそのままURLとして反映されます。
楽天のカテゴリーURLは数字の連番となっているので、Yahoo!ショッピングのカテゴリー新規作成時にそれらの数字をカテゴリー名に設定して作成すると良いでしょう。

楽天の「R-SNS」で「Line@」が利用できるようになったので使ってみようと考えています。有効な活用方法などあればお教えいただけますでしょうか?(18/07/04)

「Line@」については様々な活用方法があります。
例えば、「メッセージ配信」や「タイムライン投稿」を利用してクーポンやセール情報をLINE上に発信することで、集客アップに期待ができるようになります。
メルマガと同じような使い方ですが、開封率はメルマガよりも高くなる傾向があるので、有効な活用方法といえるでしょう。
また、トーク画面で個別にやり取りをする「1対1トーク機能」を使うことで、お客様から直接問い合わせを受けることが可能になります。
お客様の使い慣れたツールで簡単に個別のやり取りができることにより、高い満足度をお客様に与えることが可能になるので、ファンやリピーター獲得に繋がっていくでしょう。
その他にも様々な事例が、楽天のR-SNSポータルサイトやLine@の公式サイトで紹介されているので、そちらも是非参考にしてみてください。

「R-SNSポータルサイト」

https://mainmenu.rms.rakuten.co.jp/auth/index.phtml?params=service/s4/portal/index.html&s=&param2=0

「Line@ 公式ブログ」

http://blog-at.line.me/

楽天市場で、全商品対象の配布型クーポンを発行しました。クーポン獲得ボタンを押すと、トップページのリンク先になるのですが、例えば特集ページなどの任意のページに飛ばすことは出来ないのでしょうか?(18/07/04)

クーポン発行時に1商品のみを対象商品として指定していた場合は、指定していた商品に自動でリンクされます。
複数の商品を指定したり、商品を指定しないで全商品対象にした場合は、TOPページにリンクされますが、クーポン作成時に発行されたリンクの後に「&rd=任意のURL」を追加することで、クーポン獲得時に任意のページに飛ばす事が出来ます。

楽天で、商品をまとめてカートに入れてくれる機能「商品の組み合わせ機能」がリリースされたので、まとめ買いを促すためにも利用しようと思っていますが、注意する点があれば教えて下さい。(18/07/04)

まとめ買いに効果的ですが、注意点としては配送日が違う商品を組み合わせるとお届け日が異なるので、まとめて商品が届くと思っているお客様から「商品が1点届いていない」といった誤解を招きクレームが起こる可能性があるので気を付けましょう。
また、項目選択肢が設定されている商品は子商品として設定できないことや、医薬品、酒類などの商品は「組み合わせ販売設定」を利用することができないので、事前に仕様をチェックしておきましょう。

楽天のメルマガ制作時に、表示の最適化や作業効率を考えて、買い物カゴ横のサムネイル画像のソースを利用して作業をしていましたが、「https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/店舗ID/cabinet/image/test.jpg?_ex=200×200」のようなURLから、「https://tshop.r10s.jp/店舗ID/cabinet/image/test.jpg?downsize=300:*」に変わっていて、後者の画像URLでメルマガ登録すると外部リンクとして扱われてしまい登録できません。何か良い対策はないでしょうか?(18/06/08)

楽天の仕様が変更されたようです。2018年4月26日現在ではメルマガや、サムネイル画像登録のフォームでも使えるようになっておりました。ただ、画像のパスが変わると、今まで効いていたjsが突然使えなくなったり、画像が表示されなくなったりする可能性があるので、以前の画像パスを使っている所がある場合は、
新しい画像パスへの変更にした方が良いかもしれません。

楽天はスマホアプリで購入するとポイントアップするキャンペーンを開催しているので、アプリ向けの対策を考えたいのですが、何かしておいたほうがいいことはありますか?(18/06/08)

楽天アプリで検索から商品ページを見た場合は、通常のブラウザとは違った仕様になっています。
まず、商品ページの画像が拡大出来ないため、なるべく見やすい画像になるように心掛けましょう。
また、検索から商品ページを見た場合、商品ページの共通説明文や共通バナーが表示されないため、スマホの商品ページ説明文内にもなるべく多くの買い回りを設置するように心掛けましょう。

楽天のショップの検索窓内に「店内から探す」のような文字が入っているお店がありました。どのようにすれば出来るのでしょうか?(18/06/08)

検索フォームに初期値を設定するには、inputタグ内に「placeholder=”○○”」と記載することで出来るようになります。
ただし、Internet Explorerでは表示されないバージョンもあるので注意が必要です。
Internet Explorerでも使えるようにするには、「ah-placeholder.js」をダウンロードして読み込むようにして下さい。
RMSではjsは読み込めないので、iframeを利用してフォームを表示させてください。

楽天のスマホの商品ページのお買い物カゴ周りに、注意書き文言を入れる事は出来ないのでしょうか?(18/06/08)

価格表示の上に文言を入れる場合だと、スマートフォン用商品説明文末尾に文言を入れる事で簡単に表示させることができます。
個数選択の上に表示させたい場合は、楽天Gold上のcssを利用する裏技的な方法で表示させることができます。

楽天Gold上のcssは、下記方法で読み込んで行ってください。

<link =”” rel=”stylesheet” href=”https://www.rakuten.ne.jp/gold/ショップID/任意のファイル場所.css”>

設置するcss内には、下記を記載してください。
#itemCart .blockWrap::before {
display: block;
box-sizing: border-box;
content: “仮テキストが入ります。仮テキストが入ります。仮テキストが入ります。仮テキストが入ります。仮テキストが入ります。”;
background-color: #ffffff;
width: 100%;
height: auto;
border: solid 1px #333333;
margin: 0 0 10px;
padding: 10px;
color: #333333;
font-size: 12px;
}

フォントの大きさや色は自由に変更できますのでお気に入りのサイズ、カラーで利用してください。

楽天の購入手続きの「注文確認」の画面で、画面最上部に「ショップからの重要なお知らせ」という項目を表示させて、送料や、メール便についての注意書きなど詳しく記載している店舗がありました。
どのようにすれば表示させる事が出来るのでしょうか?(18/06/08)

RMS内の基本情報設定の中に「長期休暇の告知(Web)」という項目があります。
これを利用することで、表示させることができます。
各種ご案内として使うことができるので使ってみてください。

楽天の店舗カルテで参照元を見ていると「その他楽天流入アクセス数」とありますが、こちらは具体的にどこからのアクセスのことを言っているのでしょうか?(18/06/08)

楽天ツールバーや、楽天ブログ、楽天ビジネスなど楽天が運営しているサービスからのアクセス、または楽天会員向けのTOPページからのアクセスが「その他楽天流入アクセス数」にカウントされます。