商品ページや、カテゴリーページなどで「☞」や「♛」のような記号文字をテキストで入れているお店があったのですが、どのようにして入れているのでしょうか?(18/09/08)

通常の記号のままでは入力できない場合でも、「html特殊文字」と呼ばれるものを利用すれば表示させることができます。
「☞」は「☞」、「♛」は「♛」と入力することによって、楽天などでも記号文字を使えるようになります。
特殊文字をリストで紹介している、下記参考サイトがございますのでこちらでご確認下さい。

クイックリファレンス:
http://www.htmq.com/text/000-999.shtml

楽天GoldやyahooトリプルでPC用のトップページとスマホ用のトップページを作っているのですが、スマホで見てもPC用のトップページが表示されてしまいます。どのようにしてスマホ用のページに誘導すればいいでしょうか?(18/09/08)

Google検索などでTOPページを表示すると、スマホの場合でもPC用トップページが表示されることがあります。
そういった場合にスマホページを表示させるためには、PC用のトップページの~のタグ内に下記タグを記載しましょう。
●の部分は店舗URL、以下のパス部分(sp/index.html/)は実際のスマホページの階層に合わせて修正して下さい。

<script type=”text/javascript”>
if ((navigator.userAgent.indexOf(‘iPhone’) > 0 && navigator.userAgent.indexOf(‘iPad’) == -1) ||
navigator.userAgent.indexOf(‘iPod’) > 0 || navigator.userAgent.indexOf(‘Android’) > 0) {
if(confirm(‘こちらはPC・タブレット用のページです。スマートフォン用のページを表示しますか?’)) {
location.href = ‘https://www.rakuten.ne.jp/gold/●●●/sp/index.html/’
}
}
</script>

Yahoo!ショッピングストアのTOPページで、ヘッダーナビゲーションのリンクを使って、目玉商品一覧やサイドカテゴリーなどへ一気に移動をさせる事は出来ないのでしょうか?(18/09/08)

Yahoo!ショッピングストアではアンカーリンクの使用が可能なので、ヘッダーナビゲーションからそれぞれの部分へ移動をさせることは可能です。
サイドカテゴリーへは、任意でnameタグを使ってアンカーを設定し、そこに紐づいたアンカーリンクをヘッダーナビゲーションに設定しましょう。
目玉商品へは、Yahoo!の仕様で使われているIDを調べて、その場所へのアンカーリンクを設定させて移動させます。TOPページの目玉商品(おすすめ商品)は「CentHotItem〇」、フッターの目玉商品(おすすめ商品)は「BtmHotItem〇」、〇部分は1から5のいずれかで、おすすめ商品のテンプレートパターンによります。

楽天やyahooなどでセールが終わる時間丁度に、イベントバナーを非表示にしたり、別のバナーに切り替えたりしたいのですがどのようにすればいいでしょうか?(18/08/16)

yahooではトリプルが必要になりますが、下記Javascriptを使う事で時間を指定してバナーを非表示にしたり、別のものに切り替えることが出来ます。

<script type=”text/javascript”>

var now = new Date();
var start = new Date(‘2018/7/8 0:00:00’); // 表示開始日時(時間は24h表記)
var end = new Date(‘2018/7/10 23:59:59’); // 表示終了日時(時間は24h表記)

if ( start < now && now < end ){
document.getElementById(“EventCont”).style.display=”block”;
document.getElementById(“Normal”).style.display=”none”;
}else{
document.getElementById(“EventCont”).style.display=”none”;
document.getElementById(“Normal”).style.display=”block”;
}
</script>

<div id=”EventCont”>
<!– ここに指定期間中に表示させたい内容を書き込む — >
</div>
<div id=”Normal”>
<!– ここに指定期間外に表示させたい内容を書き込む — >
</div>

非表示にするだけの場合は、idがNormalの部分を省いて利用してください。

楽天の商品説明文に動画を読み込みたいのですが、Youtubeの動画を利用することは可能でしょうか?(18/08/16)

以前までは楽天GoldにYoutubeのiframeタグを記載したファイルを置くことで可能でしたが、近年は規制が厳しくなったことにより外部の動画をそのまま利用することは禁止行為となっています。
動画を利用する場合は、R-cabinetに保存したものを使うようにしましょう。

インラインフレームを使って、期間限定のクーポンを複数個所へ設置しているのですが、期間終了後、撤去または非表示にさせるのが手間です。この手間を無くす方法があれば教えていただけませんでしょうか。(18/08/16)

対象のiframeにid、又はclassを設定して、cssで「display:none;」と入力することで、対象のiframeをまとめて非表示にすることができます。
クーポンを複数個所に読み込んでいる場合は、それぞれにcssが適用されるようにヘッダーエリアなどの共通部分にcssを記載するようにしましょう。

楽天スマホの会社概要のページで、楽天TOPへのリンク先はあるのですが、店舗TOPページへのリンク先が用意されていないので、店内を見に行く事が出来ません。店舗TOPページのリンク先を設置したいのですが、方法はあるのでしょうか?(18/07/23)

会社概要ページを編集して、店舗TOPへのリンクを設置するといいでしょう。
会社概要ページはRMSの「基本情報設定 > 会社概要ページ」で編集することができます。
楽天の会社概要ページは、PCとスマホで共通のものが表示されるので、リンクを設置するとPCにもTOPへのリンクが表示されます。
スマホのみに表示したい場合は、cssのメディアクエリを使ってスマホのみに表示できるようにするといいでしょう。
下記コードを参考にして行ってみてください

<style>
@media screen and (min-width:768px){
a.toplink{
display: none;
}
}
</style>

<a href=”https://www.rakuten.co.jp/ショップID/” class=”toplink”>
TOPページはこちら</a>

wowma plusに画像をアップロードしたのですが、htmlファイルと同じようにURLを入力しても画像が表示されません。どうすれば表示されるようになりますか?(18/07/23)

wowma plusにアップロードした画像のURLは、最初のドメイン部の記載がhtmlファイルの場合と違っています。
画像の場合は「https://ic4-a.wowma.net/mi/w/1280/h/1280/q/90/bcimg1-a.wowma.net/plus/u【店舗の会員番号】/【FTPの階層】.jpg」といったURLになっているのでお試しください。
wowma plus内のhtmlファイルでは上記のドメインを省略できますが、wow manager内では上記の記述が必要となるので覚えておきましょう。

楽天市場からYahoo!ショッピングストアへ移行作業を考えています。管理しやすくするためにも、カテゴリーページのURLを楽天とYahoo!で共通のものにしたいのですが、方法はあるのでしょうか?(18/07/04)

Yahoo!ショッピングストアでは、カテゴリーページのURLはカテゴリーページの新規作成時に設定したカテゴリー名を基に生成されます。
日本語で設定した場合はEUCの2バイトコードに変換されてしまいますが、アルファベットと数字の場合はそのままURLとして反映されます。
楽天のカテゴリーURLは数字の連番となっているので、Yahoo!ショッピングのカテゴリー新規作成時にそれらの数字をカテゴリー名に設定して作成すると良いでしょう。

Janコードがない商品をAmazonで一括出品したいのですが、何かいい方法はありますか?(18/07/04)

Amazonでは、JANコードなしで商品を登録するには製品コード免除の申請が必要です。
管理画面右上の「ヘルプ」をクリックし、「製品コード」と単語を入れて検索した際に、「製品コード(GTIN – UPC/EAN/JAN/ISBN)がない商品の出品方法」というページが出てくるので、そちらのページから製品コードの免除申請を行いましょう。
ページが見つからない場合は、下記リンクを参照してください。

Amazon「免除申請の詳細ページ」:
https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/200426310?ref=ag_200426310_cont_201265750&language=ja_JP

申請方法は大きく2通りあり、ブランドの証明書がある場合の方法とない場合の方法で分かれています。
証明書の有無に合わせて、それぞれの方法で申請するようにしましょう。
製品コード免除の申請が通るとAmazonから連絡が来るので、そちらに記載された方法で商品を登録するようにしましょう。
(登録方法は申請の方法によって変わるので、Amazonからの指示に従うようにして下さい)

Amazonで商品の説明欄に「メーカーより」といった形で説明が書かれているものがありますが、どのようにして掲載しているのでしょうか?(18/07/04)

現状では「メーカーより」の表記は申請などで可能になるものではなく、Amazonから提案があった一部の出品者のみが表示できるようになっています。

Amazonのベンダーエクスプレスが2018年中にサービスを終了するとのことで、今後はセラーセントラルで販売していこうと思いますが、今までベンダーに登録していた商品情報は簡単にセラーセントラルに引き継ぎできるのでしょうか?(18/07/04)

セラーセントラルは、2018年5月現在、ベンダーエクスプレスで使っていたメールアドレスとパスワードを使っての登録が可能となっています。
引き継ぎに関しては、Amazonが説明会を開いているようですが、移行作業が必要なようですのでなかなか簡単にとはいかないかもしれません。
エクセルをある程度使える方なら自力でも作業が可能ですが、得意でない方は制作会社に、引き継ぎ作業を依頼してみてはいかがでしょうか。